Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

区民活動センターでメール送信ミス - 横浜市

横浜市は、なか区民活動センターにおいてメールの送信ミスがあり、同センターに登録している団体の連絡担当者のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同市によれば、2月2日11時ごろに送信した団体登録更新手続きの再確認メールにおいて、送信ミスが発生したもの。職員が送信先を誤って宛先に設定して送信。登録団体の連絡用メールアドレス149件が、受信者間で閲覧できる状態となった。

同日14時ごろ、送信した担当者が問題に気が付き、同日中にメールで謝罪。あわせて、誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2019/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託先がメールを誤送信、詳細は調査中 - 阪神タイガース
中学校で個人情報入りUSBメモリを紛失、住民の拾得で判明 - 千葉市
うさぎ用品の通販サイトが改ざん - 偽決済画面でカード情報詐取
VMwareの複数製品に「runc」の脆弱性 - 一部製品にアップデート
「約ネバ」とタイアップイベント、3月に都内で開催 - NISC
「なりすまし」生じる「Exchange Server」の脆弱性へ対処 - MS
MS月例パッチ 、脆弱性74件を修正- 悪用確認済みのゼロデイ脆弱性にも対応
コンテナランタイム「runc」の脆弱性、実証コードが複数公開 - 早期対策を
ウェブで「IPAフォントが見つからない」と偽警告 - マルウェア感染狙う手口
ウェブ上の電話番号に潜む危険 - 「Googleマップ」や「Wikipedia」経由で詐欺誘導