Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

区民活動センターでメール送信ミス - 横浜市

横浜市は、なか区民活動センターにおいてメールの送信ミスがあり、同センターに登録している団体の連絡担当者のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同市によれば、2月2日11時ごろに送信した団体登録更新手続きの再確認メールにおいて、送信ミスが発生したもの。職員が送信先を誤って宛先に設定して送信。登録団体の連絡用メールアドレス149件が、受信者間で閲覧できる状態となった。

同日14時ごろ、送信した担当者が問題に気が付き、同日中にメールで謝罪。あわせて、誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2019/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
2015年の不正アクセスで流出した平文PW見つかる、報償金制度で - Slack
制御システムのセキュリティ対策向けコンサル - GRCS
QRコード決済事業者向けのコンサルサービス - BBSec
スタートアップのFlatt、約2.2億円を調達
特定健診の名簿紛失で職員を処分 - 五島市
業務外で個人情報を保有、市職員を処分 - 阿波市
「7pay」不正利用被害、1574人3240万円を認定
「LLVM」の「Armバックエンド」でスタック保護が機能せず
「Drupal 8.7.4」に脆弱性 - 手動作業ともなう更新必要