Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Marvell製チップに脆弱性 - Wi-Fi経由でコード実行や盗聴のおそれ

脆弱性を悪用されると、同チップを搭載している機器上で任意のコードを実行されるおそれがあるほか、実装方法によってはネットワークトラフィックの盗聴や、ホストするシステム上で任意のコードが実行されるおそれもあるという。

セキュリティ機関は、脆弱性の影響について緩和する対策として、搭載機器におけるWi-Fi機能の無効化や、電波が届く範囲へ物理的な侵入を制限するといった方法をアナウンスしている。

またマイクロソフトの「Surface」など同チップを搭載した一部製品において、アップデートの提供が開始されている。

(Security NEXT - 2019/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「なりすまし」生じる「Exchange Server」の脆弱性へ対処 - MS
MS月例パッチ 、脆弱性74件を修正- 悪用確認済みのゼロデイ脆弱性にも対応
コンテナランタイム「runc」の脆弱性、実証コードが複数公開 - 早期対策を
「ColdFusion」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
Mozilla、3件の脆弱性に対処した「Firefox 65.0.1」をリリース
「Exchange Server」の深刻な脆弱性、MSがアップデートを開発中
「MS Exchange 2013」以降に脆弱性「PrivExchange」 - ドメイン管理者権限奪われるおそれも
「Adobe Acrobat/Reader」に多数の深刻な脆弱性 - 予告より高い重要度
「Adobe Flash Player」にアップデート - 情報漏洩の脆弱性を解消
ドコモ端末「V20 PRO L-01」にクラッシュする脆弱性