Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「POWER EGG」に任意のコードを実行される脆弱性 - OSSライブラリに起因

グループウェアやデータベース、ワークフロー、CRMなどを統合できるコラボレーションツール「POWER EGG」に脆弱性が含まれていることがわかった。

同製品にブラウザ上から任意のコードを実行され、制御を奪われるおそれがある脆弱性「CVE-2019-5916」が明らかとなったもの。利用するオープンソースのライブラリに起因する脆弱性で、「同2.10c」以外の「同2.x」に存在。「同3.0c」は影響を受けないという。

同脆弱性は、波多野冬馬氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

同製品を提供するディサークルでは、アップデートをリリース。あわせて、脆弱性の回避策についてアナウンスしている。

(Security NEXT - 2019/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VMwareの複数製品に「runc」の脆弱性 - 一部製品にアップデート
「なりすまし」生じる「Exchange Server」の脆弱性へ対処 - MS
MS月例パッチ 、脆弱性74件を修正- 悪用確認済みのゼロデイ脆弱性にも対応
コンテナランタイム「runc」の脆弱性、実証コードが複数公開 - 早期対策を
「ColdFusion」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
Mozilla、3件の脆弱性に対処した「Firefox 65.0.1」をリリース
「Exchange Server」の深刻な脆弱性、MSがアップデートを開発中
「MS Exchange 2013」以降に脆弱性「PrivExchange」 - ドメイン管理者権限奪われるおそれも
「Adobe Acrobat/Reader」に多数の深刻な脆弱性 - 予告より高い重要度
「Adobe Flash Player」にアップデート - 情報漏洩の脆弱性を解消