Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公衆Wi-Fiのセキュリティ学ぶ全8回のネット講座 - 総務省

総務省は、無料オンライン講座「これだけは知っておきたい公衆無線LANセキュリティ対策」を2月27日より3月29日まで開講する。現在、受講登録を受け付けている。

同講座は、公衆無線LANのセキュリティ対策に関する啓発を目的としたもの。全8回の講義で構成され、第1回から第4回は公衆無線LANを利用する際のリスクについて事例を通じて紹介。第5回から第8回で具体的なセキュリティ対策について解説する。

講師は、東京電機大学未来科学部教授の猪俣敦夫氏と、情報通信研究機構(NICT)ナショナルサイバートレーニングセンター主任研究員の横山輝明氏が務める。

開講期間は2月27日から3月29日まで。ドコモgaccoが運営するオンライン講座プラットフォーム「gacco」から配信される。受講希望者は、ドコモgaccoの専用サイトから会員登録と受講登録を行う必要がある。

(Security NEXT - 2019/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

公衆Wi-Fi利用者向けVPNサービスに固定IPオプション - ALSI
iOS向けにアカウント流出や脆弱な無線LANをチェックできるアプリ - Avast
公衆無線LANでのVPN利用5.9% - 3割をVPNを知らず
8月修正のゼロデイ脆弱性、「Darkhotel」と関連 - 背後に北朝鮮の影
ワールドカップ開催都市の公衆無線LAN、一部信頼性に疑問符
公衆無線LANにおけるセキュリティのあり方をまとめた報告書 - 総務省
総務省 - 公衆無線LANのセキュリティ対策で意見募集
シスコ、iOS向けにアクセスを可視化するセキュリティアプリ
2割弱が出所不明の公衆無線LAN利用 - 「セキュリティ意識していない」 約3割
総務省、公衆無線LANセキュリティの課題や対策を検討