Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報含むUSBメモリ3本が所在不明 - 大阪市大付属病院

大阪市立大学医学部付属病院において、患者の個人情報が保存された複数のUSBメモリが所在不明となっている。

同院が医師へ貸与していたUSBメモリ3本が所在不明となっているもの。

同院によれば、医師が6人分の患者情報が保存されたUSBメモリを紛失したことが1月21日に判明。

同問題を受けて貸し出したUSBメモリの状況について同院が調べたところ、同月25日に別の医師2人についても、USBメモリを紛失していることが明らかになった。それぞれ5人分、1人分の患者情報が含まれる。

これらUSBメモリには、患者11人に関するCT画像あわせて333枚が保存されており、氏名や年齢、性別、生年月日などが含まれる。

(Security NEXT - 2019/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中学校で個人情報入りUSBメモリを紛失、住民の拾得で判明 - 千葉市
USBメモリを紛失、農業団体の名簿など含む可能性 - 川崎市
所在不明だった受託USBメモリを回収して返却 - 印刷事業者
教員採用試験の問題案含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県
顧客情報含むUSBメモリを電車内に置き忘れ - 銀座十字屋
同人誌の原稿データ含むUSBメモリが所在不明 - 印刷事業者
COP24会場でUSBメモリとPCが盗難か、PW記載した書類も - 環境省
学生情報含むUSBメモリが所在不明 - 札幌学院大
造血幹細胞移植患者などの個人情報紛失 - 秋田大病院
個人情報含む私物USBメモリ紛失で中学教諭を懲戒処分 - さいたま市教委