Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

社長との採用面接かけたCTF「即!西本」 - ラック

ラックは、若手人材の獲得に向けた取り組み「『即!西本』特別技能CTFチャレンジ」を、2月12日から21日にかけて実施する。

同取り組みは、セキュリティエンジニアを目指す若者を対象に、同社が独自に作成したセキュリティ技術問題によるオンライン競技を実施するもの。2017年から行っており、今回で3回目。

競技の成績上位者のうち、2020年3月に専門学校、短期大学、高等専門学校、大学、大学院の卒業予定者、および申込時点で卒業後2年未満の既卒者については、通常の採用面接を省略して、同社代表取締役社長の西本逸郎氏による最終面接に進むことができる。

それ以外の成績上位者については、2019年度インターンシップの優先参加や技能向上支援など、将来のキャリア形成に向けた相談や要望に応じるという。

参加申込は同社サイト上の申込フォームから。締め切りは2月8日。

(Security NEXT - 2019/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

情報セキュリティ文化賞の受賞者5名を発表 - 情セ大
「SECCON CTF 2018」東大学生チームが優勝 - 日本チームが上位独占
アキバで「SECCON 2018」が開催中 - 親子で楽しめるコンテンツも
「SECCON 2018」 が一般参加の事前登録を受付中 - プログラムも公開
Zaif仮想通貨流出、トランザクション解析で発信元推定へ - 2日間のハッカソンで開発した監視システムで
制御システムのCTF、11月に予選開催 - Kaspersky Lab
「Apache Struts 2」脆弱性に実証コード - 地下フォーラムでも不穏な動き
SANS「NetWars」による学生向けCTF大会を開催 - NRIセキュア
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
ゲームの脆弱性対策技術を競うコンテストがスタート