Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2支店で納付書控え1.8万件が所在不明 - 鹿児島興業信組

鹿児島興業信用組合は、2支店において、自治体向け納付書の控えが所在不明になっていることを明らかにした。誤って廃棄した可能性があるという。

同組合によれば、鹿屋支店と伊敷支店において、店頭などで納付された自治体向け納付書の金融機関控えが所在不明になっているもの。鹿屋市、鹿児島市および鹿児島県向けの2013年度と2014年度分の納付書あわせて1万8801件。氏名や住所、納付金の種類、納付金額などが含まれる。

鹿屋市が2018年10月18日に実施した鹿屋支店の定例検査によって、同市納付書の控えを紛失していることが判明。その後の調査で、同支店と伊敷支店において、鹿児島県と鹿児島市の納付書も所在がわからなくなっていることがわかった。

同組合では、保存期間が経過した書類を廃棄した際に、誤って一緒に廃棄した可能性があると説明。紛失した納付書控えに関連する納付手続きは、すべて完了しており、不正利用の報告などは確認されていないという。

(Security NEXT - 2019/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

公金納付書控2439件が所在不明 - 北日本銀
「自動車重量税納付書」を保管期限前に誤廃棄 - 国交省
自動車重量税納付書を誤廃棄 - 国交省
5支店で公金納付書控え約4.7万件の紛失が判明 - 北越銀
2支店で納付書1万9000件が所在不明 - 岩手銀
年金機構、個人情報流出対象者96万人に新年金番号
再委託先で東京都の納税関連書類を紛失 - みずほ銀
小切手や料金納付書の画像4万件含むMOを誤廃棄 - 三重銀
顧客情報含む3500件の書類を紛失 - 熊谷商工信組
紛失や誤送付など個人情報関連の事故3件が判明 - 板橋区