Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

車載システム向けにログ分析型攻撃検知技術 - 三菱電機

三菱電機は、車両制御システムへの攻撃を検知、防御する「車載システム向け多層防御技術」を開発した。

今回開発したのは、インターネット経由や不正ソフトウェアによる車両制御システムへの攻撃を検知、防御する技術。

同技術では攻撃手口に着目したログ分析による独自の検知方式を採用。攻撃パターンとの照合にあたり、従来必要だったクラウド連携が不要となり、車載情報機器上で攻撃を検知できるようになった。

車載情報機器のソフトウェアの正当性を検証するセキュアブートを、ソフトウェア全体を検証する従来とは異なり、起動に必要なソフトウェアを優先的に検証することで時間を短縮。

同技術により起動時間の増加を10%未満に抑えつつ、ソフトウェアの正当性検証できるとしている。

(Security NEXT - 2019/01/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CODE BLUE 2019の全講演が決定 - 政策から話題の脆弱性までテーマ充実
ラックと九工大、AIによるサイバー攻撃防御を共同研究
カスペとインターポール、サイバー犯罪捜査の協定を再延長
5月のDDoS攻撃、3割減 - 約40Gbps規模の攻撃も
4月はDDoS攻撃が1.6倍に、ただし規模は縮小傾向 - IIJ
制御システムのセキュリティ担当者向けに演習実施 - IPA
件数減るも20Gbps規模のDDoS攻撃を引き続き観測 - IIJ
IPA、WAF導入時に検討すべき項目を整理
2月はDDoS攻撃の観測件数が増加 - 目立つLDAPの増幅攻撃
サイバー防御演習「CYDER」の受講受付開始 - 全国で年100回予定