Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Linuxの「systemd」に複数脆弱性 - アップデートを

Linuxの一部ディストリビューションが採用する「systemd」に3件の脆弱性が含まれていることがわかった。アップデートがリリースされている。

ログ管理に用いる「systemd-journald」に脆弱性が明らかとなったもの。1月9日にQualysがアドバイザリをリリースした。

同社によると、メモリ破壊の脆弱性「CVE-2018-16864」「CVE-2018-16865」や、域外のメモリを読み込むことで情報漏洩のおそれがある「CVE-2018-16866」を発見したという。

「CVE-2018-16864」は、2016年2月にリリースされた「systemd v230」以降、「CVE-2018-16865」は、2013年4月の「systemd v201」以降で悪用が可能だとしている。

(Security NEXT - 2019/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VMwareの複数製品に「runc」の脆弱性 - 一部製品にアップデート
「なりすまし」生じる「Exchange Server」の脆弱性へ対処 - MS
MS月例パッチ 、脆弱性74件を修正- 悪用確認済みのゼロデイ脆弱性にも対応
コンテナランタイム「runc」の脆弱性、実証コードが複数公開 - 早期対策を
「ColdFusion」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
Mozilla、3件の脆弱性に対処した「Firefox 65.0.1」をリリース
「Exchange Server」の深刻な脆弱性、MSがアップデートを開発中
「MS Exchange 2013」以降に脆弱性「PrivExchange」 - ドメイン管理者権限奪われるおそれも
「Adobe Acrobat/Reader」に多数の深刻な脆弱性 - 予告より高い重要度
「Adobe Flash Player」にアップデート - 情報漏洩の脆弱性を解消