Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ベースボール・マガジン社になりすます詐欺サイトに注意

ベースボール・マガジン社は、同社になりすました不正サイトが確認されているとして、注意を喚起した。詐欺の可能性がある。

同社によれば、問題のサイトは「日用品、生活雑貨」の販売をうたっており、有名スポーツブランドのウェアなどを販売しているかのように偽装。会社概要に同社の名称や住所、電話番号などを記載していた。

一方、会社概要には同社と無関係である担当者名とメールアドレスを表示していたという。

同社は、同社が運営する通販サイトは「SportsClick」のみであると説明。なりすましサイトへ注意を呼びかけるとともに、誤って利用した場合は、カード会社は警察へ相談するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「7pay」不正利用被害、1574人3240万円を認定
イオンクレカ会員向けサービスに不正ログイン - PW攻撃で
9カ国調査、コンシューマーの半数でサイバー被害 - 日本は4割
MS、月例パッチで脆弱性77件を修正 - 一部でゼロデイ攻撃も
感染は「Emotet」亜種、メール経由で - 多摩北部医療センター
JA仙台装う迷惑メールが送信 - スナック菓子の情報サイトが踏み台に
Android向け「Outlook」にXSS攻撃が可能となる脆弱性
東京五輪のチケット抽選に便乗する攻撃に注意 - 「良い席譲る」にも注意を
ブランド毀損リスク対策を支援するサービス - KPMG
偽NTTドコモのSMSに注意 - 公式と同じスレッドに表示される可能性も