Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

FireEye、メールセキュリティ製品に新版 - リンク置換で保護、BEC対策も

米FireEyeは、メールセキュリティ製品「Eメール・セキュリティServerエディション」の新版を発表した。

今回発表した「同8.2」では、メールに含まれるすべてのURLを書き換えることで、悪意あるリンクから保護。

ファイルのパスワードとして画像ファイルを添付する手口に対し、画像認識で文字列を画像ファイルより抽出し、パスワードが設定されたファイルを解析できるようになった。

また機械学習より作成したマルウェア検知エンジン「MalwareGuard」を搭載。「ビジネスメール詐欺(BEC)」対策として、メールの送信者名やヘッダーのなりすましを検知する機能を追加している。

(Security NEXT - 2019/01/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

役員や経理部長のメールを機械学習、特徴からBEC検知
年末年始に備えたセキュリティ対策を - 1月8日の「パッチチューズデー」にも注意
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
「東京五輪の無料チケット」で誘うメールに要警戒 - 攻撃計画が進行中
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
「機密扱いで頼む」との社長メール、実は詐欺 - 日本語「BEC」見つかる
約4割に「BEC」受信経験 、受信者の8.7%が送金 - 5億円以上のケースも
定例パッチ公開日、盆休みを直撃 - 夏期休暇に備えてセキュリティ対策を
BEC被害、4年半強で7.8万件 - 被害額は125億ドル超
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍