Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オムロン製ツール「CX-Protocol」に脆弱性

オムロン製の制御機器向けツールパッケージ「CX-One」の一部に任意のコードが実行可能となる脆弱性が判明した。

同製品は、「PLCプログラミングツール」などをはじめ、FAの設計や運用に必要なツールを提供するパッケージ。

同製品に含まれる「CX-Protocol」においてプロジェクトファイルの処理に「型の取り違え」の脆弱性「CVE-2018-19027」が明らかとなったもの。脆弱性を悪用されると任意のコードを実行されるおそれがあるという。

脆弱性の判明を受け、同社ではアップデートとなる「同2.01」をリリース。セキュリティ機関からも注意が呼びかけられている。

(Security NEXT - 2019/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Windows Defenderアプリ制御」に脆弱性 - 定例外アップデートをリリース
教員が都システムから収集したメアド宛にセミナー案内 - 明海大
採用説明会参加者向けメールで送信ミス - 原子力規制庁
定期預金の印鑑届を紛失、誤って廃棄か - 北越銀
800件の口振ハガキ、圧着不十分で中身見える状態に - 廃棄物処理事業者
Oracle、四半期ごとの定例パッチを公開 - 脆弱性319件に対処
仮想通貨約35億円分が流出 - ビットポイント
BPJの被害は約32.7億円、秘密鍵奪われ - 退避試みるも9割超流出
中部電力のウェブサービスに不正ログイン、個人情報が流出
イオンクレカ会員向けサービスに不正ログイン - PW攻撃で