Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オムロン製ツール「CX-Protocol」に脆弱性

オムロン製の制御機器向けツールパッケージ「CX-One」の一部に任意のコードが実行可能となる脆弱性が判明した。

同製品は、「PLCプログラミングツール」などをはじめ、FAの設計や運用に必要なツールを提供するパッケージ。

同製品に含まれる「CX-Protocol」においてプロジェクトファイルの処理に「型の取り違え」の脆弱性「CVE-2018-19027」が明らかとなったもの。脆弱性を悪用されると任意のコードを実行されるおそれがあるという。

脆弱性の判明を受け、同社ではアップデートとなる「同2.01」をリリース。セキュリティ機関からも注意が呼びかけられている。

(Security NEXT - 2019/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブで「IPAフォントが見つからない」と偽警告 - マルウェア感染狙う手口
改元によるシステム改修で全国説明会を開催 - 経産省
育成プログラム「SecHack365」の成果発表会を都内で開催 - NICT
「ColdFusion」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
コンテナランタイム「runc」の脆弱性、実証コードが複数公開 - 早期対策を
メール誤送信でサービス利用者のメアド流出 - 学習塾
お知らせメール誤送信で患者のメアド流出 - 広島の産婦人科
個人向けESET製品に新版、UEFIスキャン機能など追加
約半数が「AI家電への個人情報提供に不安」 - 1年で10ポイント増
2018年に2121億の攻撃パケット観測 - 23番ポート宛が半減