Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットワーク監視やログ収集をクラウドで提供 - セキュアヴェイル

セキュアヴェイルは、ネットワーク監視やログ収集などの機能を提供するクラウドサービス「LSCクラウド」を提供開始する。

同サービスは、「Windows」や「Linux」で動作する同社無料ソフトウェア「LogStare Collector」を、クラウド環境上で提供するもの。

同社にて監視やログ収集などの初期設定をはじめ、設定の変更、追加、アラート通知、監視ダッシュボードの設定などに対応する。

料金は月額3万2400円から。「AWS」「Azure」「STクラウドサーバーサービス」などで提供し、対応サービスは順次拡大していく。

また同社では同ソフトウェアの最新版となる「同1.6.0」をリリース。引き続き無償で提供していく。

(Security NEXT - 2019/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

統合監視と初動対応時の情報提供サービスを追加 - 日立システムズ
法人向けウイルスバスターに後継製品、インシデント対応機能を統合
MS、機械学習活用したSIEM「Azure Sentinel」を発表 - 「Office 365」とも簡単連携
認証サービス「ID Federation」がFIDO対応 - NTTコム
Cylance製品向けの運用監視サービス - テクマトリックス
WAFの導入や運用を支援するサービス - JP-Secure
NTTコム、セキュリティ強化した翻訳サービス - 専有環境で処理、辞書など暗号化
攻撃の対処要否を自動判断するための学習データ生成技術を開発 - 富士通研
車載システム向けにログ分析型攻撃検知技術 - 三菱電機
AOSデータ、セキュリティを強化したクラウドバックアップ - 医療業界などへ展開