Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

14年分クロネコDM便2.3万件が未達 - ヤマト運輸

ヤマト運輸は、岐阜県において、委託配達員がダイレクトメールなどの投函サービス「クロネコDM便」の一部を配達していなかったことを明らかにした。

同社によれば、委託配達員が2004年から2018年12月までの間に請け負った旧クロネコメール便を含むクロネコDM便のうち、2万2956件を配達せず滞留させていたという。

同社では対象となる荷主に順次謝罪し、対応について個別に相談する。また配達を怠った委託配達員とは、すでに委託契約を解除。今後は委託配達員への指導と教育を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2019/01/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学生の個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 長岡技術科学大
「戦国対戦TCG」英語版アンケートで個人情報が閲覧可能に
PC出張サポート申込者の個人情報が閲覧可能に - ケーズデンキ
特別支援学校で生徒の個人情報が所在不明 - 東京都
フィッシング被害でスパム送信、情報流出の可能性 - 東京外語大
COP24会場でUSBメモリとPCが盗難か、PW記載した書類も - 環境省
溶解処理する書類を運搬中に紛失 - ワンビシアーカイブズ
フォーム送信情報を誤送信、サンプルメアドへ - 日本自然保護協会
市営住宅入居者の個人情報含む台帳を紛失 - 川崎市
患者情報含む書類が車上荒らしで盗難 - 香川大付属病院