Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2019年最初のMS月例パッチ - 脆弱性49件を解消

マイクロソフトは、2019年最初の月例セキュリティ更新を公開した。CVEベースで49件の脆弱性へ対処している。

20190109_ms_001.jpg
アップデート情報を確認できるマイクロソフトのセキュリティ更新プログラムガイド

今回のアップデートは「Windows」や同社ブラウザの「Internet Explorer」「Microsoft Edge」をはじめ、「Office」「Exchange Server」「ChakraCore」における脆弱性に対応した。さらに「.NET Framework」「ASP.NET」「Visual Studio」の脆弱性を修正している。

同日公開された「Adobe Flash Player」の脆弱性に対してもアップデートを実施したが、Adobe Systemsは、同アップデートにおいて脆弱性の修正は含まれていないとしている。

脆弱性の最大深刻度を見ると、4段階中もっとも高い「緊急」の脆弱性が7件。次いで深刻度が高い「重要」が40件、さらに1段階低い「警告」が2件だった。

また「サービススタック更新プログラム」のリリースをアナウンスしたセキュリティアドバイザリ「ADV990001」が、「緊急」と指定されているが、脆弱性のレーティングを示すものではないとしている。

(Security NEXT - 2019/01/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Tomcat」にリソース枯渇のおそれ - アップデートで修正
Apple、「AirMac」向けファームウェアを公開 - 脆弱性8件に対処
「Firefox」がわずか2日で再度アップデート - サンドボックス回避の脆弱性を修正
ゼロデイ攻撃発生中の脆弱性へ対処した「Firefox 67.0.3」がリリース
Android向け「Outlook」にXSS攻撃が可能となる脆弱性
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートが公開
「WebLogic」に深刻な脆弱性、リモートよりコード実行のおそれ - 4月の修正とは異なる脆弱性
「Samba」に複数の脆弱性 - サービス拒否のおそれ
LINE海外法人の求人サイトに脆弱性、外部報告で判明 - 調査以外の形跡確認されず
MTA「Exim」に対する攻撃が拡大 - 脆弱なサーバは360万台以上稼働か