Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「SECCON CTF 2018」東大学生チームが優勝 - 日本チームが上位独占

国際大会で優勝した「TSG」には、経済産業大臣賞が贈られた。同チームは表彰式で「強いチームに勝利することができてよかったが、すべての点において勝ったわけではない。これからも精進したい」と今後の抱負を述べた。

20181227_sc_002.jpg
めまぐるしく順位が入れ替わる息を抜けない展開となった攻防戦

SECCONでは、開催にあたりCTFの著名ポータルサイトで事前にスケジュールを告知していたものの、その後開催を公表した「Google CTF」のファイナルと予選がバッティング。

「Google CTF」のファイナルにコマを進めていた常連の強豪チームが泣く泣くSECCONの予選出場を見送るひと幕もあった。

一部強豪が欠けるなど、例年より相対的に優勝しやすい大会となったと言えるかもしれないが、日本チームが好成績を納めた理由はそれだけではない。国内チームにおけるレベル向上も大きいようだ。

(Security NEXT - 2018/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「SECCON CTF 2019」の開催日程が明らかに
「CODE BLUE 2019」が10月下旬に開催 - 論文募集やチケット販売が開始
新元号到来をCTFで迎える「令和CTF」が緊急開催
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
SECCON優勝チーム所属の東大生サークルがCTFを開催
「約ネバ」とタイアップイベント、3月に都内で開催 - NISC
アキバで「SECCON 2018」が開催中 - 親子で楽しめるコンテンツも
「サイバーセキュリティ」テーマの小説コンテスト、大賞決定
1月に「個人情報保護法シンポジウム」が都内で開催
医療分野に特化したハッキングコンテスト - 脆弱性32件を発見