Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイトに不正アクセス、電子カルテなどへの影響なし - 徳島県鳴門病院

徳島県鳴門病院のウェブサイトが不正アクセスを受け、意図しない不正投稿が行われていたことがわかった。電子カルテや個人情報への影響はないという。

同院によれば、11月29日17時ごろ、職員が不正な投稿が行われていることにウェブサイトの管理画面上より気付いたという。投稿はハングルにより記載されていた。

今回の改ざんを受け、同院ではウェブサーバの初期化と再構築を実施。検索エンジンに対し、不正投稿の内容が含まれる検索結果について削除を依頼した。

同院は、今回の不正アクセスにともなう個人情報の流出や、電子カルテシステムへの影響については、否定している。

(Security NEXT - 2018/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

島根大の複数職員がフィッシング被害 - スパム送信やメールの不正転送が発生
サイト改ざんで別サイトへ誘導 - 聖マリアンナ医科大東横病院
ランサムウェアに感染、サイト改ざん被害も - 新潟大医歯学総合病院
病院や施設など24サイトが改ざん - 北海道の医療法人
岡山大病院の医療用端末2台がマルウェア感染、外部との不正通信 - ログ解析で発覚
県立病院が不正アクセス受けた可能性、なりすましスパムも - 新潟
サイトが改ざん、閲覧でマルウェア感染の可能性 - 千鳥橋病院
マルウェア感染が判明、電子カルテには影響なし - 香川大付属病院
シスコとコニカミノルタ、セキュリティに配慮したプリントサービスを開発
国立がん研究センターで医師のPCがマルウェア感染 - 「GOM Player」経由で