Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先が業務用端末と制服を置き忘れて紛失 - 東京ガス

東京ガスは、委託先の作業員が顧客情報含む業務用端末と制服を置き忘れ、紛失したことを明らかにした。

同社によれば、ガスメーターの検針業務を委託している東京ガスライフバル足立・埼玉東の作業員が、業務用の携帯端末と制服を紛失したもの。

紛失した端末には、東京都足立区内の顧客421世帯の氏名、住所、電話番号、ガス使用量、領収金額、一部口座番号などが保存されていた。

同端末はパスワードと暗証番号でロックされており、誤った暗証番号を一定回数以上入力すると、データは自動的に消去されるしくみだという。

12月19日、作業員が帰宅する途中に立ち寄った店のショッピングカートに端末と制服が入った鞄を置き忘れ、そのまま帰宅してしまったという。その後店舗へ連絡して店内を捜索したが発見できず、警察へ届けた。

同社では、対象となる顧客への説明と謝罪を行う。また、紛失した制服が悪用されるおそれもあるとして、注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報最大6.7万件が保存されたPCを紛失 - ゼットン
水道利用者の個人情報1.1万件含む端末紛失 - 稲敷市
元職員が個人情報を持ち出し、選挙活動に利用か - 平塚市
関係者個人情報含む業務用携帯電話を紛失 - 国交省
年金未納者情報含むDVDを事務センター内で紛失 - 年金機構
2015年の不正アクセスで流出した平文PW見つかる、報償金制度で - Slack
感染は「Emotet」亜種、メール経由で - 多摩北部医療センター
医師を偽装した不正メールの特徴を公開、注意を喚起 - 東京都保健医療公社
医師のメールに不正アクセス、マルウェア感染原因か -多摩北部医療センター
個人情報14.7万件含むタブレットを紛失 - 岡崎市