Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マーケ支援サービスのクラウド認証キーが盗難被害 - 不正サーバ構築、顧客データも

同じ認証キーでアクセスできるクラウドストレージ「Amazon S3」内には、顧客情報を含むバックアップデータが保存されており、これらが取得された可能性も否定できないという。

バックアップデータには、ウェブマーケティングツール「ferret One」の導入企業が取得した顧客の氏名やメールアドレスなど10万720件をはじめ、導入企業の社名や担当者氏名、メールアドレスなど703件が保存されていた。

またウェブマーケティングの情報サイト「ferret」のメールマガジン会員のメールアドレス24万8230件、ホワイトペーパーのダウンロードおよび問い合わせをした会員の氏名やメールアドレス、勤務先情報など5万1233件が含まれる。

さらに、IT関連資料の配信サービス「マケスト」で資料をダウンロードした会員の氏名やメールアドレス、勤務先情報3124件と、マケスト導入企業の登録情報244件などを保存していた。

(Security NEXT - 2018/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

バイク用品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が被害
人材派遣会社に不正アクセス - 情報流出の有無など調査中
教員メルアカ、スパム送信の踏み台に、メールの不正閲覧も - お茶の水女子大
石井スポーツ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
フォトブックサービスに不正アクセス - クレカ情報約1.5万件が流出か
学生メルアカが乗っ取られスパム送信、情報流出の可能性も - 東北工業大
感染は「Emotet」亜種、メール経由で - 多摩北部医療センター
旧通販サイトでクレカ情報流出、原因は「Heartbleed」 - スイーツ通販サイト
熊本ワインの通販サイトで決済画面改ざん - クレカなど顧客情報流出の可能性
イオングループの金融サービスで不正ログイン、不正利用発生 - 電話番号改ざんして決済アプリ認証