Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マーケ支援サービスのクラウド認証キーが盗難被害 - 不正サーバ構築、顧客データも

同じ認証キーでアクセスできるクラウドストレージ「Amazon S3」内には、顧客情報を含むバックアップデータが保存されており、これらが取得された可能性も否定できないという。

バックアップデータには、ウェブマーケティングツール「ferret One」の導入企業が取得した顧客の氏名やメールアドレスなど10万720件をはじめ、導入企業の社名や担当者氏名、メールアドレスなど703件が保存されていた。

またウェブマーケティングの情報サイト「ferret」のメールマガジン会員のメールアドレス24万8230件、ホワイトペーパーのダウンロードおよび問い合わせをした会員の氏名やメールアドレス、勤務先情報など5万1233件が含まれる。

さらに、IT関連資料の配信サービス「マケスト」で資料をダウンロードした会員の氏名やメールアドレス、勤務先情報3124件と、マケスト導入企業の登録情報244件などを保存していた。

(Security NEXT - 2018/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

通販代行サービス「ECオーダー.com」に不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
西京漬専門店に不正アクセス、個人情報流出か - クレカ決済停止後も影響
宿泊プラン比較サービスのメルアカに不正アクセス - ヘッダ情報が流出
掃除用品の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
ベビー用品通販サイトに不正アクセス - 過去にもDB侵害、協議中再発も
アロマオイル通販サイトに不正アクセス - 偽画面からクレカ情報詐取
ネットストアに不正アクセス、クレカ情報流出 - 日本関税協会
マグネシウム製品の通販サイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
グルメ情報サイトに不正アクセス - 会員のアカウント情報が流出
パズル通販サイトに不正アクセス - 顧客の問い合わせで判明