Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員が自動転送していたフリーメールに不正アクセス、個人情報が流出 - 兵庫教育大

兵庫教育大学は、事務員個人のメールアカウントが不正アクセスを受け、同アカウントへ転送していた個人情報含む業務メールが第三者に漏洩した可能性があることを明らかにした。

同大によれば、職員が大学のメールアカウントに届くメールを、学外でも確認できるよう自身のフリーのメールアカウントに自動転送させていたところ、同アカウントが不正アクセスを受けたという。

2016年4月1日から2018年10月26日までに転送されたメールが、第三者によって閲覧された可能性があり、これらメールには、学外および学内関係者1万1322人の個人情報が保存されていた。一部メールには、障害や病歴など含む個人情報が11件、パスポートの写しや金融機関の情報など含む個人情報が23件あった。

転送先のフリーメールで不正アクセスを知らせるアラート通知があり、ログイン履歴を確認したところ、不正ログインされたことが判明。今回の問題を受け、同大では対象となる関係者に謝罪している。

(Security NEXT - 2018/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバー攻撃の経緯や調査方法などを明らかに - 三菱電機
メルアカ2件に不正アクセス、不正転送など発生 - 農工大
「Emotet」に感染、メール情報が流出 - 川本製作所
マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 広告代理店
メールサーバに不正アクセス - 埼玉県下水道公社
不正アクセス原因、PWスプレー攻撃の可能性 - 東京企画
サーバ公開後に不正アクセス、フィッシングの踏み台に - お茶大
「Yahoo!メール」が「DMARC」導入 - なりすましメール対策を強化
学生メールアカウントに不正アクセス - 千葉大
メルアカに不正アクセス、迷惑メール送信 - 東京企画