Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

仮想環境向け製品を公共機関に割引価格で提供 - パロアルト

パロアルトネットワークスは、公共機関を対象に「VM-Series」を割引価格で提供するプログラムを開始した。

今回開始した「公共機関向けクラウドセキュリティ導入促進プログラム」は、政府や自治体、独立行政法人、教育機関、医療機関に対し、仮想化環境で動作する同社ファイアウォール「VM-Series」を割引価格で提供するもの。

政府情報システムのクラウドサービス利用における基本方針などを示した「クラウド・バイ・デフォルト原則」などを受けた日本独自の取り組みとしており、2019年4月30日まで提供する。割引率は顧客によって異なるが、1割前後になるという。

(Security NEXT - 2018/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SIA、ネット安全利用の啓発に関する講習会
NECとCEC、基幹系システムに対応した認証印刷ソリューション
IBM、「X-Force Red」を設置 - 脆弱性対策サービスを展開
SB、携帯電話向けに「迷惑電話ブロック」 - 発信時にも警告
証明写真機「Ki-Re-i」が個人番号カード申請機能を搭載
NEC、マイナンバー制度対応する自治体向けソリューション
トレンド、マイナンバー制度向けサンドボックス製品をリリース
パロアルト、FW導入自治体へサンドボックス解析を無償提供
日立、仮想デスクトップ環境向けにUSBデバイス制御
NECとトレンド、SDNを活用したサイバー攻撃対策ソリューション