Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイナンバー69万件含む国税データ入力を違法に再委託

同問題の判明後、システムズ・デザインでは調査委員会を設置して内部調査を行ったところ、国税局以外からの受託業務においても、契約違反や法令違反の再委託が行われていたことが判明。再委託先についても調査を実施した。

同調査により、国税局以外の業務を再委託していた1社において海外へデータを送信し、入力業務が行われていたことが判明。マイナンバーに関しては分割、暗号化されており、送信先では復号化できないと説明。情報流出の形跡も見られないとしている。

今回の問題を受け、同社では、違反のあった再委託契約はすべて停止。社内での処理に切り替えた。あわせて調査委員会を設置。フォレンジック会社による検証を実施する。

また再発防止に向け、再委託の適正性をチェックする部署を設置。業務改善と社内教育を進める。

(Security NEXT - 2018/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
同報メールの件名にメアドを記載、委託先で - 愛知県
委託先でメール送信ミス、メアド流出 - 山口県
委託先が「水道使用量のお知らせ」を紛失 - 神奈川県
委託先が顧客データのバックアップを誤って公開設定 - ヘルスケア事業者
配食サービスの利用者リスト、突風で紛失 - 東京都港区
戸塚区の施設でメール誤送信、団体のメアド流出 - 横浜市
原子力規制庁でメール誤送信 - 在宅勤務職員の個人メアド誤り第三者へ
契約社員の個人情報が委託先で所在不明 - 電通
特別定額給付金の通知書に他人の口座情報 - 取手市