Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイナンバー69万件含む国税データ入力を違法に再委託

同問題の判明後、システムズ・デザインでは調査委員会を設置して内部調査を行ったところ、国税局以外からの受託業務においても、契約違反や法令違反の再委託が行われていたことが判明。再委託先についても調査を実施した。

同調査により、国税局以外の業務を再委託していた1社において海外へデータを送信し、入力業務が行われていたことが判明。マイナンバーに関しては分割、暗号化されており、送信先では復号化できないと説明。情報流出の形跡も見られないとしている。

今回の問題を受け、同社では、違反のあった再委託契約はすべて停止。社内での処理に切り替えた。あわせて調査委員会を設置。フォレンジック会社による検証を実施する。

また再発防止に向け、再委託の適正性をチェックする部署を設置。業務改善と社内教育を進める。

(Security NEXT - 2018/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個情委、「内定辞退率予測サービス」で行政処分 - 利用企業にも指導
廃止店舗の顧客情報記載帳票が所在不明 - 東北労金
成人の日対象者の個人情報を委託先が紛失 - 大阪市
契約者情報が委託先から漏洩、委託先社長が窃盗罪で起訴 - NHK
児童の個人情報含む資料を誤って送信 - 新潟県
教育ネットに不正アクセス、意図しないファイル保存 - 福島県
Fostex通販サイトで顧客情報流出か - ECシステムに不正アクセス
作業ミスで技能者の個人情報が閲覧可能に - 建設業振興基金
顧客リストを一時紛失、翌日回収 - 愛知県のケーブルテレビ会社
水泳大会で取材申込書などを紛失 - 日本障がい者スポーツ協会