Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、2018年最後の月例セキュリティ更新 - 一部脆弱性でゼロデイ攻撃も

Windowsカーネルにおいて権限の昇格が生じる「CVE-2018-8611」に関しては、すでに悪用が確認されている。また「.NET Framework」で明らかとなったサービス拒否の脆弱性「CVE-2018-8517」は公表済みだという。

今回のアップデートで修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2018-8477
CVE-2018-8514
CVE-2018-8517
CVE-2018-8540
CVE-2018-8580
CVE-2018-8583
CVE-2018-8587
CVE-2018-8595
CVE-2018-8596
CVE-2018-8597
CVE-2018-8598
CVE-2018-8599
CVE-2018-8604
CVE-2018-8611
CVE-2018-8612
CVE-2018-8617
CVE-2018-8618
CVE-2018-8619
CVE-2018-8621
CVE-2018-8622
CVE-2018-8624
CVE-2018-8625
CVE-2018-8626
CVE-2018-8627
CVE-2018-8628
CVE-2018-8629
CVE-2018-8631
CVE-2018-8634
CVE-2018-8635
CVE-2018-8636
CVE-2018-8637
CVE-2018-8638
CVE-2018-8639
CVE-2018-8641
CVE-2018-8643
CVE-2018-8649
CVE-2018-8650
CVE-2018-8651
CVE-2018-8652

20181212_ms_002.jpg
「CVE-2018-8611」のアドバイザリ

(Security NEXT - 2018/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Android版「Outlook」に定例外セキュリティ更新
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートを
PHP脆弱性狙うランサム攻撃「NextCry」が発生
フルリゾルバ「Unbound」に任意のコードを実行されるおそれ
「Chrome 78.0.3904.108」が公開 - セキュリティ関連で修正5件
マカフィーのコンシューマー製品に脆弱性 - アップデートがリリース
システム制御製品「CX-Supervisor」の同梱「TeamViewer」に脆弱性
Adobe、複数製品向けにアップデートをリリース - 深刻な脆弱性を修正
三菱製シーケンサのCPUユニットにDoS脆弱性
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡