Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブセキュリティの知見問う「徳丸試験」 - 2019年12月より開始

BOSS-CON JAPAN PHP技術者認定機構は、ウェブセキュリティにおける知見などを問う試験を2019年12月より開始すると発表した。

同団体によれば、同試験は開発者におけるウェブセキュリティへの意識や知見の向上を目指し、企画したもの。EGセキュアソリューションズの代表取締役である徳丸浩氏が監修を務め、試験問題についても、EGセキュアソリューションズが作成する。試験名は仮称だが、通称「徳丸試験」と名付けられている。

最低限のセキュアプログラミングを身につけたか問う内容となる見込みで、試験のメニューは基礎的な知見を問う「ウェブ・セキュリティ基礎試験」を2019年12月より実施。また実施時期は未定だが、実務知識を問う「ウェブ・セキュリティ実務知識試験」についても実施するとしている。

試験の設問数は40問で、正答率70%以上で合格となる。試験に先立ち、2019年夏ごろを目処にベータ試験を開催する予定。

(Security NEXT - 2018/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「情報セキュリティ文化賞」受賞者6名を発表 - 情セ大
2019年の攻撃パケット、約半数がIoTを標的に - 調査目的も増加
2019年のマルウェア届出は259件 - 18件で被害
2019年の不正アクセス届出は89件 - 56件で被害
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
東名阪で「Security Days 2020」がまもなく開催
都内でフィッシングの動向や改訂GLの報告会 - フィ対協
2019年4Qは脆弱性の届け出が半減 - ウェブ関連が大幅減
個人情報の紛失防止で組織向けに教育資料 - JIPDEC