Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブセキュリティの知見問う「徳丸試験」 - 2019年12月より開始

BOSS-CON JAPAN PHP技術者認定機構は、ウェブセキュリティにおける知見などを問う試験を2019年12月より開始すると発表した。

同団体によれば、同試験は開発者におけるウェブセキュリティへの意識や知見の向上を目指し、企画したもの。EGセキュアソリューションズの代表取締役である徳丸浩氏が監修を務め、試験問題についても、EGセキュアソリューションズが作成する。試験名は仮称だが、通称「徳丸試験」と名付けられている。

最低限のセキュアプログラミングを身につけたか問う内容となる見込みで、試験のメニューは基礎的な知見を問う「ウェブ・セキュリティ基礎試験」を2019年12月より実施。また実施時期は未定だが、実務知識を問う「ウェブ・セキュリティ実務知識試験」についても実施するとしている。

試験の設問数は40問で、正答率70%以上で合格となる。試験に先立ち、2019年夏ごろを目処にベータ試験を開催する予定。

(Security NEXT - 2018/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Interop Tokyo 2019が開幕 - 「Best of Show Award 2019」が決定
フィッシング対策GLを改訂 - 「送信メールはテキスト形式で」
「情報セキュリティ早期警戒パートナーシップガイドライン」に2019年版
制御システムのリスク分析が学べるセミナー - IPA
「CODE BLUE 2019」が10月下旬に開催 - 論文募集やチケット販売が開始
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
サイバー防衛テーマのシンポジウムが熱海で開催
サプライチェーンのセキュリティでシンポジウム - IPA
2019年1Q、脆弱性の届出は122件 - ソフト関連倍増