Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブセキュリティの知見問う「徳丸試験」 - 2019年12月より開始

BOSS-CON JAPAN PHP技術者認定機構は、ウェブセキュリティにおける知見などを問う試験を2019年12月より開始すると発表した。

同団体によれば、同試験は開発者におけるウェブセキュリティへの意識や知見の向上を目指し、企画したもの。EGセキュアソリューションズの代表取締役である徳丸浩氏が監修を務め、試験問題についても、EGセキュアソリューションズが作成する。試験名は仮称だが、通称「徳丸試験」と名付けられている。

最低限のセキュアプログラミングを身につけたか問う内容となる見込みで、試験のメニューは基礎的な知見を問う「ウェブ・セキュリティ基礎試験」を2019年12月より実施。また実施時期は未定だが、実務知識を問う「ウェブ・セキュリティ実務知識試験」についても実施するとしている。

試験の設問数は40問で、正答率70%以上で合格となる。試験に先立ち、2019年夏ごろを目処にベータ試験を開催する予定。

(Security NEXT - 2018/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「インターネットの安全・安心ハンドブック」に新版 - PDFや電子書籍、アプリで配布
前四半期からインシデント件数が3割増 - 「スキャン」や「フィッシング」など
IPAと経産省、セキュリティに関する交流イベント
アキバで「SECCON 2018」が開催中 - 親子で楽しめるコンテンツも
構成員10人以上が6割超、システム停止権限持つ組織は1割強 - CSIRT実態調査
年末年始に備えたセキュリティ対策を - 1月8日の「パッチチューズデー」にも注意
抜け漏れないウェブのセキュリティ対策を - IPAがポイント20カ条
セキュキャン修了生イベント、成果発表やMVPを募集
若年層向けセキュリティ啓発コンクール、標語やマンガなど受賞作品が決定
「SECCON 2018」 が一般参加の事前登録を受付中 - プログラムも公開