Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%

次に認知度が高かったのは、情報処理推進機構なども繰り返し注意喚起を行っている佐川急便をかたるフィッシングメールで、認知度は38.1%。

海賊版サイト「漫画村」の社会問題が33.5%、アダルトサイトの閲覧を周囲に暴露するとだます詐欺メールが30.6%で続いた。

また2017年12月に報じられた日本航空(JAL)が「ビジネスメール詐欺(BEC)」の被害に遭い、金銭をだまし取られた事件の認知度は25.4%にとどまる。

今回の調査で調査対象となったトピックは以下のとおり。

・Uberによる個人情報漏洩の隠ぺい
・JALによるビジネスメール詐欺(BEC)被害
・海賊版サイト「漫画村」による社会問題
・コインチェックにおける仮想通貨流出
・平昌オリンピックでの「Olympic Destroyer」による障害
・北朝鮮グループ「APT37」によるサイバー攻撃
・Netflixをかたるフィッシングメール
・ポルシェジャパンへの不正アクセス
・小3男児がマルウェアを作成、動画投稿サイトに公開
・セゾンNetアンサーをかたるフィッシングメール
・ルーターに対するサイバー攻撃で不具合多発
・日本郵便を装うフィッシングサイト
・監視カメラの乗っ取り被害
・ルータにおけるマルウェア「VPNFilter」の感染
・Amazon偽サイトへ誘導するAppleのフィッシングメール
・LINEをかたるフィッシングメール
・インシデント相次ぐFacebook
・ツイッターが偽アカウントを一斉削除
・佐川急便をかたるフィッシングメール
・拡張子「.iqy」ファイルが添付されたメールの大量送信
・アダルトサイト閲覧を暴露するとだます詐欺メール

(Security NEXT - 2018/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

GDPRの認知度は85.5% - 「対策済み」半数届かず
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず
都内で「セキュリティ・キャンプフォーラム2019」を開催 - IPA
セキュキャン修了生イベント、成果発表やMVPを募集
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
ビジネスパーソンの3割が「ランサムウェア」を認知 - 内容理解は1割強
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
4割弱が物理的なウェブカメラの覗き見対策を実施