Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%

メディアでも多く取り上げられたコインチェックの仮想通貨流出事件。ビジネスパーソンの認知度は、48.7%と半数に届かなかった。JALにおけるBEC被害に至っては4人に1人にとどまるという。

マカフィーが国内の企業経営者、情報システム担当者、一般従業員など22歳以上の男女1552人を対象に、11月26日から29日にかけてインターネットによるアンケート調査を実施。結果を取りまとめたもの。

2017年11月から2018年10月までに報じられたニュース21件を同社がピックアップ。それぞれの認知度を調査した。選択肢に限った認知度調査のため、認知度上位にあるトピックが、類似した他トピックと比較して特別高い認知度にあるとは限らない点に注意が必要となる。

21件のトピック中、もっとも認知度が高かったのは、仮想通貨取引所のコインチェックによる仮想通貨「NEM」が流出した事件。認知度は48.7%だった。

(Security NEXT - 2018/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュキャン修了生イベント、成果発表やMVPを募集
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
ビジネスパーソンの3割が「ランサムウェア」を認知 - 内容理解は1割強
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
4割弱が物理的なウェブカメラの覗き見対策を実施
ランサムウェアを6割が認知するも、4割強はバックアップ未実施
7割弱が「ランサムウェア」認知せず - 半数強がバックアップ未実施
Fintech利用は20人に1人、3割超が普及に「不安」 - 情報流出やなりすまし、悪質業者参入に懸念