Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルマガ本文に送信先メアドを誤記載 - 福岡県中小企業振興センター

福岡県中小企業振興センターは、メールマガジンの本文中に一部送信先のメールアドレスが掲載された状態で送信するミスが発生したことを公表した。

同センターによれば、11月12日に送信したメールマガジンにおいて、本文中にメールマガジン登録者のメールアドレスを誤って掲載するミスがあった。

メールアドレス332件に対してメールマガジンを送信する過程で、117件はBCC欄に入力したものの、215件は本文中に記載された状態となった。送信から約40分後に受信者から指摘があり、問題へ気が付いた。

メールマガジンの送信にあたり、同センターでは表計算ファイルからメールアドレスをメールのBCC欄にコピー&ペーストを行っていたが、表計算ファイルの一部入力内容に誤りがあり、不具合が生じたという。

同センターでは、メールアドレスが流出した登録者に事情を説明し、謝罪。誤送信先の登録者117人に謝罪したうえで問題のメールについて削除を依頼している。

(Security NEXT - 2018/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

寄付者個人情報を誤ってファックス送信 - ふるさと納税受託業者
新型コロ関係事業の案内メールで誤送信 - 大阪府
委託先でメール送信ミス、メアド流出 - 山口県
営業再開の案内メールで送信ミス - 静岡のリゾートホテル
顧客向けメールで「CC」利用するミス - ネクスト・モビリティ
戸塚区の施設でメール誤送信、団体のメアド流出 - 横浜市
メール誤送信で顧客のメアド流出 - 名古屋のヨガスタジオ
メール送信ミスで顧客のメアド流出 - ヒューマックスシネマ
メール誤送信で大阪府港湾協会会員のメアド流出 - 大阪府
メール誤送信で進学相談会参加者のメアド流出 - 情報科学芸術大学院大学