Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「SECCON 2018」 が一般参加の事前登録を受付中 - プログラムも公開

セキュリティの知識や技術を競うCTF大会「SECCON 2018」の決勝大会が12月22日、23日に開催される。SECCON実行委員会は、両日に実施されるカンファレンスなどのプログラムを公開し、一般参加の事前登録を受け付けている。

同イベントは、セキュリティに関する知識や技術を競う国内最大級のコンテスト。2012年より毎年開催しており、今回で7回目を迎えた。10月27日から28日にかけてオンライン予選を実施。予選上位チームや招待枠のチームなどが決勝大会で競う。

決勝大会が行われる両日は、同じ会場内でワークショップやカンファレンスを開催しており、一般参加も可能となっている。

会場は、AKIBA SQUARE 秋葉原コンベンションホール。参加費は無料だが、事前登録が必要。プログラムの詳細や事前登録は、SECCONのウェブサイトから。

(Security NEXT - 2018/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Zaif仮想通貨流出、トランザクション解析で発信元推定へ - 2日間のハッカソンで開発した監視システムで
制御システムのCTF、11月に予選開催 - Kaspersky Lab
「Apache Struts 2」脆弱性に実証コード - 地下フォーラムでも不穏な動き
SANS「NetWars」による学生向けCTF大会を開催 - NRIセキュア
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」
ゲームの脆弱性対策技術を競うコンテストがスタート
「Trend Micro CTF 2018」が開催 - 9月に予選、決勝は12月
「CODE BLUE CTF予選」が7月28日に開催
国内最大級のCTF「SECCON 2018」が開催 - 予選は10月、決勝は12月に
初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催