Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米政府、「SamSam」関係者を起訴 - 攻撃前にダークウェブで資格情報を調達

攻撃対象としては、米国の重要インフラのほか、複数セクターが標的となっている。米国が中心だが、同国以外にもカナダ、イギリス、中東などにおいても攻撃が確認された。

今回、イギリスやカナダ当局協力のもと、連邦捜査局(FBI)が捜査を進め、イラン在住のイラン人男性2人を6件の罪状で起訴した。

容疑者は、最初のバージョンとなる「SamSam」を2015年12月に作成。2017年6月や10月には巧妙化した亜種を開発したと見られている。

一連の犯行を通じ、ファイルの身代金として600万米ドル以上を得たと見られており、同ランサムウェアによってもたらされた被害は3000万米ドル以上にのぼるとの試算もある。

(Security NEXT - 2018/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

恥ずかし画像詐欺とランサム攻撃が融合 - 「証拠動画」のリンクにワナ
ESETの法人向けエンドポイント製品に新版 - 「UEFIスキャナー」搭載
ランサム被害ファイルの解析作業、復号ツール活用も視野に - 宇陀市立病院
ランサムウェア「GandCrab」に無料の復号ツール - 被害者は推計50万人
電子カルテにランサム感染、バックアップミスでデータ復元できず - 宇陀市立病院
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
アクロニス、バックアップソフトに新版 - ランサム対策を強化
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
執拗な攻撃で組織へ侵入、感染するランサムウェア「SamSam」 - 被害は約590万ドルに