Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング報告、前月比1.5倍に - 誘導先URLも1.2倍に

11月にフィッシング対策協議会へ寄せられたフィッシングの報告件数が、前月比1.5倍と急増した。誘導先URLや悪用されたブランドも増加している。

同協議会のレポートによれば、11月のフィッシングの報告件数は1652件。前月の1100件から552件増となった。2701件でピークを迎えた5月以降、5カ月連続で減少したが、増加に転じている。

フィッシング攻撃に悪用されたURLの件数は、前月の885件を211件上回る1096件。1000件を超えたのは、2017年9月以降14カ月ぶり。悪用されたブランド件数も前月から5件増加して36件となった。

前月に引き続き、11月も宅配業者の不在通知を装うSMSを用いて、フィッシングサイトやマルウェア配布サイトへ誘導するケースが多数報告されている。また、キャリア決済の不正利用を目的としたフィッシングメールも前月同様流通している。

「Amazon」「Apple」「LINE」「PayPal」など大手ブランドをかたるフィッシングメールも依然として発生。なかでも「Apple」をかたるケースでは、一度に大量のフィッシングメールが配信されているという。

20181204_ap_001.jpg
フィッシングの報告やURL件数の推移(発表をもとに作成)

(Security NEXT - 2018/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
Yahoo!メール、なりすまし対策で企業アイコンを表示 - DKIMを利用
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類