Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

なりすまし仮会員登録、約7時間に約29万件 - サンドラッグ

ドラッグストアを展開するサンドラッグの通信販売サイト「サンドラッグe-shop本店」において、なりすましによる会員への仮登録が大量に行われたことがわかった。同社では、アクセス元を遮断するなど対策を講じている。

11月30日2時過ぎから同日9時半ごろにかけて、第三者がメールアドレスの保有者になりすまし、同サイトの会員サービスへ大量に仮登録を申請していることが判明したもの。

仮登録を申請すると、申し込んだメールアドレスに本登録を行うための案内メールが送信されるため、心当たりがないメールを受け取ったとする受信者から同社に指摘が寄せられ、問題が判明した。

同社が調査を行ったところ、中国や台湾、日本など4件のIPアドレスより約29万件の不正な申請が行われていた。約2000件については、メールアドレスがすでに登録済みで、仮登録の申請を失敗していたという。

(Security NEXT - 2018/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットサービスの不正予兆検知サービス - 不正決済やマネロン、PWリスト攻撃に対応
クレカ明細「Vpassアプリ」にPWリスト攻撃 - 約1.6万件がログイン許す
「コーナンPay」がサービス再開 - 個人情報流出は確認されず
第三者がアプリでTポイントを不正利用 - PWリスト攻撃などの形跡見られず
アルペンにPWリスト攻撃 - 攻撃者は複数店舗でポイント使用
セシール通販サイトにPWリスト攻撃 - 試行22回を検知
決済サービス「7pay」廃止へ - 原因「PWリスト攻撃」と説明
「コーナンPay」にPWリスト攻撃 - 試行回数は数十万件規模か
dアカウントで計らず 「2段階認証」届くケースが増加 - 未設定の場合も
「クロネコメンバーズ」にPWリスト攻撃 - 不正ログイン3400件