Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4段階ある凝った作りの偽Amazonサイト - クレカの本人認証ページまで用意

大手通販サイト「Amazon」を装うフィッシング攻撃が確認されたとして、フィッシング対策協議会が注意喚起を行った。

「Amazon.co.jpにご登録のアカウント(名前、パスワード、その他個人情報)の確認」といった件名のフィッシングメールが報告されているもの。

本文では、「あなたのアカウントAmazonを更新できませんでした」などと記載。化アカウントを維持するために情報を確認する必要があるなどとして、本文中のリンクより偽サイトへ誘導していた。

また24時間以内に確認を行わないとアカウントをロックするなどとして不安を煽る文言や、「パスワードは誰にも教えないでください」など正規メールの注意喚起を装う内容も書かれていた。

誘導先のフィッシングサイトでは、ログインページを偽装した最初のページでアカウント情報を詐取。

次に遷移したページでは、「珍しいログイン活動を発見した」などと説明する偽の警告ページを表示。同ページ内のボタンよりアカウント情報の更新ページに見せかけた別のページへ誘導し、住所やクレジットカード情報をだまし取っていた。

さらにクレジットカードの本人認証で不正利用を防止する「3Dセキュア」のIDやパスワードを詐取するページまで用意していた。

問題のフィッシングサイトは、11月30日の時点で稼働が確認されており、同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。あわせて類似したフィッシングサイトに注意するようアナウンスを行っている。

(Security NEXT - 2018/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を
クレカ明細サービス装うフィッシング攻撃 - 「信頼性高めるため」などと本文中URLからのアクセス促す
「Yahoo!JAPANカード」の利用者狙うフィッシング - PW初期化案内を偽装
Gmailに差出人を空欄にできるバグ「Ghost Emails」 - フィッシング攻撃などで悪用のおそれ
佐川装う悪質SMS、相談件数が10月以降急増 - iOS利用者も標的に
@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避