Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省とイスラエル国家サイバー総局、研究開発や人材育成で協力

総務省とイスラエルの国家サイバー総局は、サイバーセキュリティ分野で協力することに合意し、覚書に署名した。

20181130_so_001.jpg
都内で開催された調印式の様子

「サイバーセキュリティ政策に関する情報交換」「研究開発」「人材育成」の3分野において、協力を進めることで合意したもの。11月29日に都内で石田真敏総務大臣とYaffa Ben-Ari駐日大使が協力覚書(MOC)に署名した。

今後5年間、企業、研究機関、教育機関、政府機関をはじめ、同分野で両国の組織間における協力や情報交換について促進を図る。

両国では2014年にイスラエルにおいて大臣級の会談を行い、ICT分野における両国間の協力について共同議事録に署名。2018年3月には駐日イスラエル大使と会談し、サイバーセキュリティ分野における協力について意見を交換し、以降は対象分野について実務レベルの検討を重ねていた。

(Security NEXT - 2018/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年の「不正アクセス認知」1486件 - 前年比284件増
IoT製品市場における日本シェアは24%、世界トップ
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」が決定 - 2名1団体が受賞
総務省、電気通信事故の報告基準を改正 - 「LPWA」の基準を制定
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
「認定送信型対電気通信設備サイバー攻撃対処協会」にICT-ISACを認定 - 総務省
総務省、セキュリティ人材育成で検討会 - 地方での人材確保も焦点に
政府、アクセス制御技術の研究開発情報を募集
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞候補、公募を開始
NICT、脆弱IoT機器調査の検討に向け事前調査 - 11月14日から