Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Ciscoのライセンス管理製品に深刻な脆弱性 - SQLiによりシェルの実行も可能に

Cisco Systemsが提供するライセンス管理製品「Cisco Prime License Manager(PLM)」に深刻な脆弱性が含まれていることが判明した。データベースの操作にくわえ、シェルを実行されるおそれもあるという。

20181130_cs_001.jpg
Cisco Systemsによるアドバイザリ

同製品のウェブフレームワークにおいて、リモートより悪用が可能となるSQLインジェクションの脆弱性「CVE-2018-15441」が明らかとなったもの。細工した「POSTリクエスト」により認証なしにSQLクエリを実行することが可能となるという。

脆弱性を悪用すると、データベースに含まれるデータを任意に変更したり、削除できることにくわえ、データベースのユーザー権限でシェルにアクセスすることが可能になるという。

「同11.0.1」および以降のバージョンに影響があるほか、一部「Cisco Unified Communications Manager」「Cisco Unity Connection」などを利用している場合も自動的にインストールされるおそれがある。

同社では脆弱性を修正した「同11.5.1」をリリース。アップデートを呼びかけている。また「Cisco Unified Communications Manager」「Cisco Unity Connection」については、「同12.0」以降に「Cisco Prime License Manager」は含まれておらず、影響を受けないとしている。

(Security NEXT - 2018/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Acrobat/Reader」のアップデート、12月11日にリリース予定
ウェブフィルタリング製品「i-FILTER」に複数脆弱性
Apple、「iOS 12.1.1」をリリース - 脆弱性20件を修正
オムロンの制御機器向けツールパッケージに複数脆弱性
「Chrome 71」がリリース、脆弱性など43件を修正 - 不正広告対策も
再び「Adobe Flash Player」が緊急アップデート - すでに脆弱性の悪用コード流通
Tenable製ツール用いたSaaS型のウェブアプリ脆弱性診断サービス
コンテナ管理の「Kubernetes」に深刻な脆弱性
WordPress向けプラグイン「LoginPress」に脆弱性
2009年10月以降出荷のパナ製Windows PCに脆弱性 - 修正ユーティリティを公開