Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

宣伝文句「血糖値の高い方におすすめ」のどこに問題? - 「ネットの罠体験ショップ」が公開

滋賀県消費生活センターは、疑似通信販売サイトを通じて、問題ある広告表現について解説、啓発する「ネットの罠体験ショップ」を公開した。

同サイトは、商品に関する広告や表示において望ましくない表現や、法令上問題がある表現などを解説する啓発サイト。一般的な通販サイトを利用する感覚で学ぶことができる。

健康食品や美容、化粧品、キッチン雑貨などのカテゴリを用意。これらのどこが怪しいのか、どこに罠が仕掛けられているのか考える機会を提供する。

各商品には「血糖値の高い方におすすめ」「今だけ半額」「決算在庫スーパーセール」といった、消費者の目を引くコピーが添えられており、商品ページから「カートに入れる」ボタンをクリックすると、問題点について詳細な解説を表示する。

例えば「今だけ半額」の場合、通常価格で販売した実績があるか重要となり、販売実績がなければ景品表示法の不当な二重価格表示に該当すると指摘。

「血糖値が高い方に」という表示に関しては、特定保健用食品であっても、治療の必要な人にもれなく効果があるかのような誤認させるものは法令上問題があり、「血糖値が気になる方へ」といった表現を用いなければならないとしている。

20181128_sh_001.jpg
啓発サイト「ネットの罠体験ショップ」

(Security NEXT - 2018/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「SECCON 2018」 が一般参加の事前登録を受付中 - プログラムも公開
常時SSL化に向けてメモリ消費を抑える技術、IEEEで発表 - ペパボ研
GMOペパボ、不正アクセスで調査報告 - 原因はシステムとマネジメント体制の不備
「CISOハンドブック」が公開 - 経営視点に立った業務執行ノウハウを収録
「SECCON」と「SecHack365」がコラボ、「SECHACKCON2018」開催
「SECCON 2017」が開催中 - 国内決勝は学生チームが制す
SECCON 2017決勝大会、一般来場者の受付を開始
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
SECCON 2017始動 - 予選はオンラインのみ、決勝は国内大会と国際大会に
情報漏洩インシデント時における広報対策セミナー - JSSEC