Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

既存のメール脅威対策を評価する無料サービス - 「Office 365」環境向けに

ファイア・アイは、メール環境において既存のセキュリティ対策が有効に機能しているか評価できる無料サービスを開始した。

「FireEye FireProof Eメール診断サービス」は、「Office 365」のメール環境において、すでに導入済みのセキュリティ対策を脅威がすり抜けていないか受信メールを調査し、レポートを提供するもの。製品のデモ環境をクラウドベースで提供する「FireProof」の第1弾として展開する。

他社製品で検知できなかった脅威を示すことで、同社の優位性をアピールするのが狙い。先行利用した組織では、多数のマルウェアが見つかったと説明している。

サービスの利用にあたり、ソフトウェアの導入は不要。評価リクエストフォームに記入し、Office 365へのアクセスを承認することで分析できる。約2週間でレポートを提供し、発見されたマルウェアについて詳細を説明するという。

(Security NEXT - 2018/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Tenable製ツール用いたSaaS型のウェブアプリ脆弱性診断サービス
AIG損保、米本社開発のサイバーリスク評価サービス - 保険料には影響せず
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
NRIセキュア、ウェブによるセキュリティ状況診断サービスに有料プラン - 無料プランも継続
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
AWS利用のスタートアップ企業に「Deep Security」を1年感無料で - トレンド
無料PDF版「情報セキュリティ白書2018」の配布を開始 - IPA
脆弱性緩和ツール「EMET」、2018年7月31日にサポート終了予定
家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
Windows向けにスマホを利用する独自のOTPソフト - パスロジ