Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

既存のメール脅威対策を評価する無料サービス - 「Office 365」環境向けに

ファイア・アイは、メール環境において既存のセキュリティ対策が有効に機能しているか評価できる無料サービスを開始した。

「FireEye FireProof Eメール診断サービス」は、「Office 365」のメール環境において、すでに導入済みのセキュリティ対策を脅威がすり抜けていないか受信メールを調査し、レポートを提供するもの。製品のデモ環境をクラウドベースで提供する「FireProof」の第1弾として展開する。

他社製品で検知できなかった脅威を示すことで、同社の優位性をアピールするのが狙い。先行利用した組織では、多数のマルウェアが見つかったと説明している。

サービスの利用にあたり、ソフトウェアの導入は不要。評価リクエストフォームに記入し、Office 365へのアクセスを承認することで分析できる。約2週間でレポートを提供し、発見されたマルウェアについて詳細を説明するという。

(Security NEXT - 2018/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
BBSS、iPhone向けに詐欺SMS対策アプリ - 外部サーバで解析
WAFとマルウェア検知をセット、ウェブサイト向けクラウドサービス
MS、機械学習活用したSIEM「Azure Sentinel」を発表 - 「Office 365」とも簡単連携
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
公衆Wi-Fiのセキュリティ学ぶ全8回のネット講座 - 総務省
ランサムウェア「PyLocky」の無料復号ツールが公開 - ただし条件あり
ネットワーク監視やログ収集をクラウドで提供 - セキュアヴェイル
Tenable製ツール用いたSaaS型のウェブアプリ脆弱性診断サービス
AIG損保、米本社開発のサイバーリスク評価サービス - 保険料には影響せず