Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クライアントである歯科や患者情報含むHDDを紛失 - 船井総研

船井総合研究所において、クライアントである歯科や診療を受けた患者の情報など含む外付けハードディスクが所在不明となっている。

親会社である船井総研ホールディングスによれば、10月23日9時半過ぎ、船井総合研究所の従業員が外付けハードディスクを移動中の電車内に置き忘れ、紛失したもの。

問題のハードディスクには、クライアントである歯科医院11件の代表者氏名と住所のほか、これら歯科で診療を受けた患者や職員など、あわせて2820件の個人情報が保存されていた。

含まれる情報は患者によって異なるが、氏名や住所、電話番号、生年月日、性別、保険者番号などで病歴は含まれていないという。また個人情報以外に、経営分析に用いる原本データや分析資料などもハードディスクに保存していた。

同社では、交通機関や警察へ紛失を届けるとともに、対象となるクライアントに事実説明して謝罪。クライアントの患者に対する対応も進めている。

(Security NEXT - 2018/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日本郵便に不正アクセス - 約4000件の不正メール
北朝鮮関与の複数マルウェア、米政府が分析情報
「Emotet」に近接「Wi-Fi」経由で感染を拡大する機能
「EC-CUBE」のセキュリティ状況をチェックできる無料ツール
一部「ウイルスバスタークラウド」に無効化される脆弱性
WordPressの脆弱性を診断するサービス - カゴヤ・ジャパン
県立高校で個人情報含む教務手帳が所在不明 - 岐阜県
2019年の不正アクセス届出は89件 - 56件で被害
防衛省「注意情報」が流出した可能性 - 三菱電機
2019年のマルウェア届出は259件 - 18件で被害