Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クライアントである歯科や患者情報含むHDDを紛失 - 船井総研

船井総合研究所において、クライアントである歯科や診療を受けた患者の情報など含む外付けハードディスクが所在不明となっている。

親会社である船井総研ホールディングスによれば、10月23日9時半過ぎ、船井総合研究所の従業員が外付けハードディスクを移動中の電車内に置き忘れ、紛失したもの。

問題のハードディスクには、クライアントである歯科医院11件の代表者氏名と住所のほか、これら歯科で診療を受けた患者や職員など、あわせて2820件の個人情報が保存されていた。

含まれる情報は患者によって異なるが、氏名や住所、電話番号、生年月日、性別、保険者番号などで病歴は含まれていないという。また個人情報以外に、経営分析に用いる原本データや分析資料などもハードディスクに保存していた。

同社では、交通機関や警察へ紛失を届けるとともに、対象となるクライアントに事実説明して謝罪。クライアントの患者に対する対応も進めている。

(Security NEXT - 2018/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
クレカ明細サービス装うフィッシング攻撃 - 「信頼性高めるため」などと本文中URLからのアクセス促す
10月中旬ごろよりAVTECH製カメラの脆弱性狙うアクセス - Miraiボット亜種か
政府、アクセス制御技術の研究開発情報を募集
「Symfony」のフォームコンポーネントに脆弱性 - アップデートがリリース
ゲームグッズ通販サイトでクレカ情報流出 - 流出済情報の有効性確認と見られる痕跡も
戸籍謄本など不正入手、職員を懲戒免職 - 東京都
マイナンバーカード盗難で職員3人を懲戒処分 - 横浜市
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデート、12月11日にリリース予定