Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

C2Cの違法取引を監視する新サービス - イー・ガーディアン

イー・ガーディアンは、個人間取引のプラットフォームを提供する企業向けに違法取引を監視する「CtoCパトロールサービス」を提供開始した。

同サービスは、フリーマーケットサービスやインターネットオークションなど、個人間の取り引きが行えるC2Cサービスの運営企業向けの監視サービス。偽ブランド品や危険ドラッグ、金券を用いたマネーロンダリングといった違法取引を発見、報告する。

キーワード調査により不正取引を検知。取り引きの実行後だけでなく、取り引きを行う前の段階も監視対象としており、24時間体制で対応する。

(Security NEXT - 2018/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

認証情報の一元管理に対応した指紋認証ソフト - ラトックシステム
独自エンジンで相関分析するサーバ監視サービス - NTTデータ先技
不正なAPや端末を検知するWi-Fi監視サービス - スプライン
脅威ベースのペネトレ支援サービスを開始 - NTTデータ先技
記憶媒体の長期保管サービス - 証拠確保を支援
DNSクエリで不正通信遮断するクラウドサービス - 教育実施も
制御システムへの攻撃監視からインシデント対応まで支援 - 日立
ラック、顔認識でショルダーハッキングを防止するソフト
インシデント対応の窓口サービスを開始 - ALSOK
アプライアンス「iNetSec SF」にワーム対策機能を追加 - PFU