Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

AIG損保、米本社開発のサイバーリスク評価サービス - 保険料には影響せず

20181128_ai_001.jpg
記者会見に登壇した阿部氏

これまでも一部損害保険会社では、保険料の見積もりなどとあわせて、ヒアリングベースの簡易的なアセスメントサービスを提供しているケースもある。

同社企業賠償・経営保険部の部長補佐を務める阿部瑞穂氏は、今回開始するサービスについて「欧米6カ国ですでに活用されている」とし、グローバルで事業を展開する同社グループの強みを強調。

「回答に手間がかかるという声もあるが、回答を考えることが組織のセキュリティ状態を把握することにもつながる」と述べ、サービスをアピール。「今後も最新のリスク環境にあわせて定期的に内容をアップデートする」としており、継続的な利用を促していくという。

(Security NEXT - 2018/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

16.5%の企業がCSIRT設置 - 1001名以上では4割
クライアントである歯科や患者情報含むHDDを紛失 - 船井総研
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
介護認定申請書類が所在不明、誤廃棄か - 習志野市
ラック、SOCサービスに保険付帯パッケージ - 調査費用や復旧費用をカバー
国保加入者情報入りUSBメモリが3月以降所在不明 - 所沢市
日立ら、情報銀行に向けて実証実験 - 従業員200人のデータ活用
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
NTT-ATら、CSIRT向けに会員制サービス - サイバー保険も付帯
健康保険関連の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 蒲郡市