Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

AIG損保、米本社開発のサイバーリスク評価サービス - 保険料には影響せず

AIG損害保険は、12月をめどにセキュリティにおけるリスクを、問診ベースで診断する無料サービスを開始する。

同サービスは、ヒアリングベースでセキュリティリスクの簡易アセスメントを行うサービス。米AIGが開発したもので、業種や規模、回答内容によって設問数が変化するが、30から200の設問が用意されているという。

同社代理店などを通じてヒアリングシートを提供。同社へ提出することで評価、分析を実施。契約者に対しては8ページの詳細レポート、契約者以外には3ページの概要レポートを提出する。いずれも無料サービスとなる。

いわゆる「サイバー保険」では、事前告知を求めるケースも多いが、同サービスによるアセスメントの結果については、保険の引き受け、保険料の割増、割引などへの影響はないとしている。

20181128_ai_002.jpg
レポートのサンプル(画像:AIG)

(Security NEXT - 2018/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

16.5%の企業がCSIRT設置 - 1001名以上では4割
クライアントである歯科や患者情報含むHDDを紛失 - 船井総研
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
介護認定申請書類が所在不明、誤廃棄か - 習志野市
ラック、SOCサービスに保険付帯パッケージ - 調査費用や復旧費用をカバー
国保加入者情報入りUSBメモリが3月以降所在不明 - 所沢市
日立ら、情報銀行に向けて実証実験 - 従業員200人のデータ活用
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
NTT-ATら、CSIRT向けに会員制サービス - サイバー保険も付帯
健康保険関連の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 蒲郡市