Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

AIG損保、米本社開発のサイバーリスク評価サービス - 保険料には影響せず

AIG損害保険は、12月をめどにセキュリティにおけるリスクを、問診ベースで診断する無料サービスを開始する。

同サービスは、ヒアリングベースでセキュリティリスクの簡易アセスメントを行うサービス。米AIGが開発したもので、業種や規模、回答内容によって設問数が変化するが、30から200の設問が用意されているという。

同社代理店などを通じてヒアリングシートを提供。同社へ提出することで評価、分析を実施。契約者に対しては8ページの詳細レポート、契約者以外には3ページの概要レポートを提出する。いずれも無料サービスとなる。

いわゆる「サイバー保険」では、事前告知を求めるケースも多いが、同サービスによるアセスメントの結果については、保険の引き受け、保険料の割増、割引などへの影響はないとしている。

20181128_ai_002.jpg
レポートのサンプル(画像:AIG)

(Security NEXT - 2018/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

感染時即時対応サービスを付帯した「Cylance」を提供 - 日立ソ
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%
ネット広告詐欺の損害を補償する保険
高齢者施設関係者が個人情報を政治利用 - 小金井市
個情委、「内定辞退率予測サービス」で行政処分 - 利用企業にも指導
CODE BLUE 2019開幕 - 脅威トレンドや世界情勢を反映
育児出産情報サイトにPWリスト攻撃 - ポイント不正交換か
委託元の顧客情報を別の委託元へメール誤送信 - 埼玉の保険代理店
本人確認記録書が所在不明、一部店舗では誤廃棄を確認 - みちのく銀
CODE BLUE 2019の全講演が決定 - 政策から話題の脆弱性までテーマ充実