Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

街頭インタビュー映像や音声のファイルを誤送信 - NHK

NHKは、制作会社のディレクターが、街頭インタビューの映像や音声含むファイルのダウンロードURLを含むメールを、誤って第三者へメール送信していたことを明らかにした。

同局によれば、バラエティー番組「テンゴちゃん」を担当する制作会社のディレクターが、11月9日夜から10日朝にかけて、映像ファイルのダウンロードURLが含まれる業務メールを、3回にわたって関係ない第三者のメールアドレスへ送信した。

誤送信されたファイルには、スタジオ出演者と街頭インタビューに応じた一般視聴者あわせて33人の映像と音声が含まれる。

映像の編集を担当する別の委託事業者へ送信するはずだったが、ディレクターが同社より誤ったメールアドレスを知らされていたという。

同局では、ファイルを開かれないよう対策を取ったと説明。連絡先を把握している対象者に対して謝罪するほか、心当たりがある視聴者には同局へ連絡するようウェブサイトで呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

取材データの誤送信で職員8人を懲戒処分 - NHK
個人情報含むICレコーダーを職員が紛失 - 国交省
スポーツ施設予約システムに不具合、申込者の個人情報が流出 - 大阪市
問い合わせ音声ファイルの第三者提供で謝罪 - 松下電器産業