Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chrome 70.0.3538.102」がリリース - セキュリティ関連の修正は3件

ブラウザ「Chrome」の開発チームは、「Windows」「macOS」「Linux」向けに提供しているデスクトップ版のアップデート「同70.0.3538.102」をリリースした。

同チームによれば、今回のアップデートでは、セキュリティに関する3件の修正を行ったという。

対応した主要な脆弱性のひとつとして、「V8 JavaScriptエンジン」において域外のメモリへアクセスする「CVE-2018-17478」を挙げた。脆弱性の重要度は「中(Medium )」とレーティングしている。

また内部監査やファジングなどによってさまざまなバグを修正したとしている。

(Security NEXT - 2018/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブフィルタリング製品「i-FILTER」に複数脆弱性
Apple、「iOS 12.1.1」をリリース - 脆弱性20件を修正
オムロンの制御機器向けツールパッケージに複数脆弱性
「Chrome 71」がリリース、脆弱性など43件を修正 - 不正広告対策も
再び「Adobe Flash Player」が緊急アップデート - すでに脆弱性の悪用コード流通
Tenable製ツール用いたSaaS型のウェブアプリ脆弱性診断サービス
コンテナ管理の「Kubernetes」に深刻な脆弱性
WordPress向けプラグイン「LoginPress」に脆弱性
2009年10月以降出荷のパナ製Windows PCに脆弱性 - 修正ユーティリティを公開
Ciscoのライセンス管理製品に深刻な脆弱性 - SQLiによりシェルの実行も可能に