Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chrome 70.0.3538.102」がリリース - セキュリティ関連の修正は3件

ブラウザ「Chrome」の開発チームは、「Windows」「macOS」「Linux」向けに提供しているデスクトップ版のアップデート「同70.0.3538.102」をリリースした。

同チームによれば、今回のアップデートでは、セキュリティに関する3件の修正を行ったという。

対応した主要な脆弱性のひとつとして、「V8 JavaScriptエンジン」において域外のメモリへアクセスする「CVE-2018-17478」を挙げた。脆弱性の重要度は「中(Medium )」とレーティングしている。

また内部監査やファジングなどによってさまざまなバグを修正したとしている。

(Security NEXT - 2018/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットワークカメラ向けアプリに認証不備の脆弱性
一部「ウイルスバスタークラウド」に無効化される脆弱性
WordPressの脆弱性を診断するサービス - カゴヤ・ジャパン
「IBM ServeRAID Manager」にRCE脆弱性 - サポートはすでに終了
「Firefox 73」が登場 - 脆弱性6件を修正
MS、月例パッチで脆弱性99件を解消 - ゼロデイ脆弱性も修正
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性17件を解消
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製OSやVoIP製品などに脆弱性「CDPwn」が判明 - 数千万台に影響か
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性 - 更新は11日に公開予定