Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町

北海道様似町は、ふるさと納税の寄付者に送信した通知メールで誤送信が発生し、メールアドレスが流出したことを明らかにした。

同町によれば、11月6日16時半ごろ、ふるさと納税の寄付者に対して3回にわけて送信したメールで、送信ミスが発生したもの。

送信先を誤って宛先に設定したため、合計で350件のメールアドレスが、同報された受信者間で閲覧可能となった。

受信者からの指摘で問題が判明。同町ではメールで謝罪し、誤送信したメールの削除を依頼した。あらためて書面による謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2018/11/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール送信ミス、ペースメーカー検定受検者のメアドが流出
インターンシップ参加予定者の個人情報を誤送信 - 新潟県
問い合わせメールを転送ミス、個人情報流出 - 神戸市
セミナー案内メール送信ミス - 茨城県科学技術振興財団
体育施設開放の案内メールで送信ミス - 我孫子市
インターンシップ応募者の個人情報をメール誤送信 - 住友重機
PCR検査で受診者情報ファックスを誤送信 - 奈良の保健所
寄付者個人情報を誤ってファックス送信 - ふるさと納税受託業者
新型コロ関係事業の案内メールで誤送信 - 大阪府
委託先でメール送信ミス、メアド流出 - 山口県