Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

若年層6割強がセキュリティ対策ソフト未使用 - 4割弱がPW使い回し

18歳から34歳の6割強がセキュリティ対策ソフトを使っておらず、4割弱はすべてのアカウントで同じパスワードを使い回しているとの調査結果が明らかとなった。

同調査は、ウェブルートが国内においてパソコン、スマートフォン、タブレット端末の所有者を18〜24歳、25〜34歳、55〜65歳以上にわけ、調査を実施したもの。

2018年第1半期に外部調査会社を依頼して調査を行い、1800人が回答した。パソコンやスマートフォンなどの利用比率などは不明。

同調査によれば、18〜24歳において61%、25〜34歳の67%がセキュリティ対策ソフトを利用していないと回答した。一方、55〜65歳以上は19%にとどまる。
利用者の41%は有料のセキュリティ対策ソフトを利用していた。

一方、パスワード管理については、18〜24歳では37%、25〜34歳は36%が、すべてのアカウントに同一のパスワードを利用していると答えた。一方、55〜65歳以上では17%だった。

(Security NEXT - 2018/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

BlackBerry、14億米ドルでCylanceを買収 - エンドポイントや車載向け製品などを強化
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
定例パッチ公開日、盆休みを直撃 - 夏期休暇に備えてセキュリティ対策を
ウェブ経由のマルウェア、「WordPress」改ざんサイトから多数検知
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を
「添付ファイルでマルウェア感染?」「PCの動作が変?」 - まずは調査を
過去1年間に経験したネット犯罪被害、最多は「詐欺メール」
年末年始の休暇は平均6.1日、事前対策徹底を - 休暇明けには月例パッチも
ボットネット「Avalanche」の国内感染端末が約3分の2に - 依然1万台以上が感染中