Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業

マカフィーとソフトバンク・テクノロジーは、「CASB(Cloud Access Security Broker)」のマネージドサービスの展開にあたり、協業した。

20181108_ma_001.jpg
記者会見に登壇したマカフィーの山野氏(画面左)とソフバンテクの後藤氏(同右)

米McAfeeによるSkyhigh Networksの買収完了後、マカフィーではCASBソリューション「Skyhigh Security Cloud」を国内で展開してきたが、ブランドを「McAfee MVISION Cloud」とリニューアル。

同時にソフトバンク・テクノロジーとの協業を発表し、ソフトバンク・テクノロジーではマネージドセキュリティサービス「MSS for CASB」として年度内より提供を開始する予定。

マカフィーの代表取締役社長である山野修氏によると、「CASB」について製品だけでなく、サービスもあわせて提供してほしいとの要望が顧客より多く寄せられていたという。

(Security NEXT - 2018/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マクニカネットと東京電力パワーグリッド、制御システム向け対策で協業
イエラエとNDIAS、自動車のセキュリティ評価技術を共同開発
NECとFFRI、海外製品由来の問題に影響受けない製品を共同開発
ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など
トレンドマイクロとLuxoft、自動車のセキュリティ分野で協業
ラックとNEC Asia Pacificが協業 - 中堅中小向け監視サービスを展開
リコーとシスコが提携 - オフィス機器のセキュアな接続などで
ACCESSとIrdeto、車載向けサービスのセキュリティ対策で協業
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド