Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NICT、脆弱IoT機器調査の検討に向け事前調査 - 11月14日から

情報通信研究機構(NICT)は、パスワード設定などに不備のあるIoT機器の調査に向けて事前調査を開始する。調査に用いるIPアドレスをあわせて公表した。

「電気通信事業法」および「情報通信研究機構法(NICT法)」の改正、施行を受けて、同機構では2018年度内に調査業務を開始する計画だが、同調査の検討、準備の一環として事前調査を行うもの。

対象となるIoT機器の接続状況など、全体的な傾向について把握する必要があるとし、事前調査を11月14日から2019年1月末にかけて実施し、ポート開放や稼働機器の状況などを調べる。

20181107_so_001.jpg
NICT法改正の概要(画像:総務省)

(Security NEXT - 2018/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブルート、川柳コンテストの入賞作品を発表
IoTシステムのセキュリティ実装でチェックシート - SIOTP協議会
2019年の攻撃パケット、約半数がIoTを標的に - 調査目的も増加
「Mirai」感染狙うIoT機器狙った11種類のアクセス - 12月より増加
総務省、東京オリパラまでに取り組むべきセキュ対策を緊急提言
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
東名阪で「Security Days 2020」がまもなく開催
脆弱IoT機器823件へあらたに注意喚起 - NOTICE
ログイン可能なIoT機器、半年でのべ505件に注意喚起 - NOTICE調査