Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NICT、脆弱IoT機器調査の検討に向け事前調査 - 11月14日から

情報通信研究機構(NICT)は、パスワード設定などに不備のあるIoT機器の調査に向けて事前調査を開始する。調査に用いるIPアドレスをあわせて公表した。

「電気通信事業法」および「情報通信研究機構法(NICT法)」の改正、施行を受けて、同機構では2018年度内に調査業務を開始する計画だが、同調査の検討、準備の一環として事前調査を行うもの。

対象となるIoT機器の接続状況など、全体的な傾向について把握する必要があるとし、事前調査を11月14日から2019年1月末にかけて実施し、ポート開放や稼働機器の状況などを調べる。

20181107_so_001.jpg
NICT法改正の概要(画像:総務省)

(Security NEXT - 2018/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

総務省、電気通信事故の報告基準を改正 - 「LPWA」の基準を制定
2018年に2121億の攻撃パケット観測 - 23番ポート宛が半減
JSSECら、3月にIoTセキュリティテーマのフォーラムを開催
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
32764番と37215番ポートへのアクセス増 - 複数メーカーのルータ脆弱性狙いか
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
IoT機器でのプライバシーやデータ保護、半数超が追加支出を許容 - 海外調査
IoTセキュリティ、9割が「顧客のために重要」 -脅威をすべて検出できる約3割
2017年の国内IoTセキュリティ製品市場は624億円、前年比20.5%増
中小企業向けのIoT品質確認チェックリスト - IPA