Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化

カスペルスキーは、セキュリティ対策製品「カスペルスキースモールオフィスセキュリティ」の新版となる「同6.0」を11月9日より提供開始する。

同製品は、従業員が5人から25人規模の企業を対象にした小規模オフィス向けのセキュリティ対策製品。パソコンやAndroid端末、Windowsファイルサーバ向けのセキュリティ対策機能を提供する。

新版では、ファイルサーバにおけるデータ保護を強化。システムを監視し、ソフトウェアやアプリケーションの悪意のある動きをブロック。ロールバック機能で元の状態に戻すことも可能。

Windows向けに提供している不要なアプリや脆弱なアプリを管理する機能の対象に、ブラウザ拡張機能を追加。Android向け機能では、暗証番号によるアプリロックの機能を追加したほか、端末紛失時のリモートロックやデータ消去、追跡、位置の特定などが可能になった。

価格は、パソコン5台とモバイル5台を利用できる1年版が1万5984円。ファイルサーバ1台を追加した場合3万1104円。月額サブスクリプションは、パソコン1台とモバイル1台で月額432円。

(Security NEXT - 2018/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ソフォスとリコー、小規模向けにUTMのMSS - オンサイト対応まで支援
IoT向けセキュリティコンサルサービス - EGセキュア
FFRI、個人や小規模事業者向けに「yarai 」を発売 - 「Mr.F」は販売終了
不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ
カスペルスキー、小規模法人向けに月額版セキュリティ製品
シマンテック、機械学習を活用した「SEP 14」 - パッカー対抗も
カスペルスキー、小規模オフィス向けセキュリティ対策製品の新版
日本ウェアバレー、アプライアンス向け小規模DB監視ソフト
チェック・ポイント、SMB市場向けにUTM2モデルを追加
チェック・ポイント、中小企業向けにUTMアプライアンス