Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「CODE BLUE 2018」カンファレンスがまもなく開催 - 公式アプリも

日本発のセキュリティカンファレンス「CODE BLUE 2018」が都内で開催中だ。講演情報などを確認できる公式アプリが提供されている。

同イベントは、トレーニングを提供する10月29日、30日が終了し、11月1日から2日間の日程でカンファレンスを予定している。

基調講演やセキュリティに関する講演にくわえ、「サイバー犯罪トラック」「Blockchainトラック」「Law & Policyトラック」など特別トラックを用意。ワールドワイドより招聘された多くの専門家が登壇する予定だ。

同イベントでは、会場案内や講演のほか、コンテスト、展示ブースなどの情報を入手できる公式のスマートフォンアプリを公開。App StoreやGoogle Playより入手できる。

(Security NEXT - 2018/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「CODE BLUE」カンファレンスが開幕、1100人以上が参加 - 法律やブロックチェーンの講演にも注目
「M3AAWG」の国内リージョン「JPAAWG」が発足 - メールやメッセージングのセキュリティを検討
アナリスト向け会議「JSAC 2019」 - 論文の2次募集がスタート
「Security Days Fall 2018」を開催 - 10月上旬に東京大阪で
11月に都内で「AVTOKYO2018」開催 - まもなくCFPが締切
「CODE BLUE」、基調講演にMikko Hyppönen氏ら招聘
制御システムセキュリティカンファレンスで講演募集 - JPCERT/CC
「CODE BLUE CTF予選」が7月28日に開催
CODE BLUE、今秋開催に向けてCFP開始 - 経済学、心理学面からの論文も歓迎
アナリスト向け国内カンファレンス「JSAC 2019」が開催決定 - 論文募集を開始