Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「CODE BLUE 2018」カンファレンスがまもなく開催 - 公式アプリも

日本発のセキュリティカンファレンス「CODE BLUE 2018」が都内で開催中だ。講演情報などを確認できる公式アプリが提供されている。

同イベントは、トレーニングを提供する10月29日、30日が終了し、11月1日から2日間の日程でカンファレンスを予定している。

基調講演やセキュリティに関する講演にくわえ、「サイバー犯罪トラック」「Blockchainトラック」「Law & Policyトラック」など特別トラックを用意。ワールドワイドより招聘された多くの専門家が登壇する予定だ。

同イベントでは、会場案内や講演のほか、コンテスト、展示ブースなどの情報を入手できる公式のスマートフォンアプリを公開。App StoreやGoogle Playより入手できる。

(Security NEXT - 2018/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CODE BLUE 2019開幕 - 脅威トレンドや世界情勢を反映
CODE BLUE 2019の全講演が決定 - 政策から話題の脆弱性までテーマ充実
「Security Days Fall 2019」を開催 - 100超の講演を予定
10月に「ShowNet」解説イベント - 脅威情報の収集活用がテーマのセッションも
クラウドや制御システムのセキュリティ活動で感謝状 - JPCERT/CC
CODE BLUE 2019の基調講演者が決定 - 講演はシングルトラックに
「制御システムセキュリティカンファレンス」を2020年2月に開催 - CFPを実施
カンファレンス「JSAC 2019」の講演動画がYouTubeで配信開始
実務者向けイベント「JSAC 2020」が開催決定 - CFPを開始
Interop Tokyo 2019が開幕 - 「Best of Show Award 2019」が決定