Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アプリ「JapanTaxi」、取得した位置情報を削除 - 同意不十分で広告利用

両社は、今回の問題について同アプリの利用規約などからリンクされているウェブサイト上のプライバシーポリシーにおいて、位置情報を広告配信に利用するとの記載を行っていたと釈明しつつも、説明や同意プロセスが不十分でプライバシー上適切ではなかったことを認め、利用者に謝罪した。

またフリークアウトでは、タクシーで展開しているデジタルサイネージ端末向けの動画配信に関して、端末のGPSよりタクシーの位置情報をもとに配信しているものであるとし、個人を特定するものではないと説明。

デジタルサイネージ端末のカメラで顔画像を取得しているが、性別の判断などに利用するものの、判断後はデータを破棄しているとし、システムやネットワーク上へのデータ保存を否定している。

(Security NEXT - 2018/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

重要インフラのセキュリティ向上に活用できる「ES-C2M2」に解説資料 - IPA
信金向けにサイト脆弱性診断 - SOMPOリスクマネジメント
SBISecSolとNECで新会社、金融機関向けソリューションを展開
セキュリティ業務の倫理行動宣言企業を公表 - JNSA
「変なホテル」の客室ロボに脆弱性 - SNS投稿で明らかに
メルアカに不正アクセス、迷惑メール送信の踏み台に - JEMIC
高校で成績一覧表をプロジェクターで投影 - 岐阜県
「SECCON CTF 2019」のオンライン予選、まもなく開催
「AI/IoTシステムのための安全性シンポジウム」が都内で開催
小学校で2クラス分の「緊急時引き渡しカード」を紛失 - 静岡市