Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IoTクラウドサービスの安全性に関する情報開示指針を策定 - 総務省

総務省は、クラウドサービスを信頼性や安全性といった面で評価、選択できるよう、情報開示指針を公表しているが、あらたにIoTを活用したクラウドサービスに関する指針を追加した。

同省では、クラウドサービスの利用者が、サービスを評価、選択する際の参考となるよう、「クラウドサービスの安全・信頼性に係る情報開示指針」を公表。クラウドサービスにおける特定個人情報や医療情報の取り扱い、データセンターなどについても開示指針を示してきたが、あらたに指針を追加したもの。

クラウドサービス市場の成長にともない、センサーなどのIoT機器を活用するケースも増えつつあるとして、「IoTクラウドサービスの安全・信頼性に係る情報開示指針」を策定した。

同指針には「ASP、SaaS編」と「IaaS、PaaS編」があり、「コンプライアンス」や「財務状況」「サービス内容」「サービス品質」「システム運用基盤、セキュリティ」などの情報開示項目が記載されている。

(Security NEXT - 2018/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

巧妙化する国家関与の攻撃 - 「サイバー防衛」議論するシンポが始動
「制御システムセキュリティカンファレンス」を2020年2月に開催 - CFPを実施
ログイン可能機器、約9000万IPアドレスで147件 - 「NOTICE」調査結果
「NICTER」でマルウェア感染機器を特定 - ISPより注意喚起
Interop Tokyo 2019が開幕 - 「Best of Show Award 2019」が決定
IoTセキュリティ対策の進捗状況と今後の課題を取りまとめ - 総務省
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
サプライチェーンのセキュリティでシンポジウム - IPA
特定ルーター狙う攻撃が8割以上 - 「ThinkPHP」も標的に
無線化が進む製造現場向けのセキュリティ導入ガイド - NICT