Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IoTクラウドサービスの安全性に関する情報開示指針を策定 - 総務省

総務省は、クラウドサービスを信頼性や安全性といった面で評価、選択できるよう、情報開示指針を公表しているが、あらたにIoTを活用したクラウドサービスに関する指針を追加した。

同省では、クラウドサービスの利用者が、サービスを評価、選択する際の参考となるよう、「クラウドサービスの安全・信頼性に係る情報開示指針」を公表。クラウドサービスにおける特定個人情報や医療情報の取り扱い、データセンターなどについても開示指針を示してきたが、あらたに指針を追加したもの。

クラウドサービス市場の成長にともない、センサーなどのIoT機器を活用するケースも増えつつあるとして、「IoTクラウドサービスの安全・信頼性に係る情報開示指針」を策定した。

同指針には「ASP、SaaS編」と「IaaS、PaaS編」があり、「コンプライアンス」や「財務状況」「サービス内容」「サービス品質」「システム運用基盤、セキュリティ」などの情報開示項目が記載されている。

(Security NEXT - 2018/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマートホーム向けセキュリティ対策GLでパブコメ - 経産省
JSSEC、セキュリティフォーラムをオンライン開催
「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020を策定」 - 総務省
網屋と北大、不正アクセスの検知精度向上を目指し共同研究
「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020」でパブコメ実施 - 新コロ環境での対策も
2月中旬から「Mirai」亜種が活発化か - JPCERT/CC観測
PW設定に問題あるIoT機器、年間2249件に注意喚起
6月にオンラインイベント「CSA Japan Summit 2020」が開催
3割超の企業、IIoT/OTでセキュリティ上の危険を感じたり事故を経験
経産省、セキュアなIoT接続環境に向けたフレームワーク案 - 国内外から意見募集